e-Taxで還付金が2週間で入った、の段!

各話タイトルと言えば、ちびまる子ちゃんの「〜の巻」がぱっと思いつくけど、
ここはあえて忍たまの「〜の段!」にしてみましたよ。


どうでもいいね。
本題に戻します。


フリーランスとか自営業とか同人作家とか、
給与形態ではない収入いただいて生活してる皆さんは、そろそろこの季節がやってきましたね。

確定申告です。


 
でも、余分に税金納めている人は還付金でお金が戻ってくるので、面倒くさくてもやった方が絶対にいいよ。
 
全然よくわからない、って人向けに説明すると……
ごめん、わたしも人に説明出来るほど理解はしていないんだ!
 
でも、間違えてはいけないのが、
お金が戻ってこないからしなくていいや、というわけでは絶対にないので、
収入が発生している人はちゃんと調べて申告しようね!
やらないと脱税になっちゃうよ!  
 
 
この記事は、
 
・確定申告の仕組みなんとなく分かっていて、毎年やってる
・でも準備とか色々面倒そうor分からなくて、e-Tax使ったことない
 
 
 
って人向けです。

今年からe-Taxがパスワード制に

で、知ってる人も多いかもしれないんですけど、
今年から、 e-TaxがIDとパスワードで出来るようになったんですよ!
 
これが非常に便利でね。
 
今までのe-Taxは、電子証明書っていうものが必要で、
住基カードとかマイナンバーカードについている電子証明書を、カードリーダーで読み取って、そこから申告、
という手順だったので、事前準備が面倒でした。
 
なにしろ、今だとマイナンバーカードしかないので、通知カードじゃなくてちゃんとしたカードを作らないといけない。
あれ、顔写真取って申請してから、手元にくるまでそこそこ時間かかるので、
「そろそろ確定申告しなくちゃな」と思った時にはすでに手遅れだったりするんですよね〜。 わたしがそうです……。

以前、住基カードで証明書取ってたんですけど、引っ越しした関係でエラー出たりなんだりするようになって、以来結局書面で申告してました。
で、今e-Taxで申告したいならマイナンバーカードを作るしかなかったんですが、
ほら、あれ色々あったから作りたがらない人多いじゃないですか。
 
そんな現状を顧みたのかどうかは分からないんですけど、
今年から特例で、IDとパスワードを発行すれば、
電子証明書なしでe-Taxが出来るようになったんです!
 
これがあまりにも楽だったので、わたしがやった手順を記しておきます。  

e-TaxをIDとパスワードで申告する方法

税務署に行ってIDとパスワードを発行する

特別なこと何もないです。
 
お住まいの地域の税務署に行って、
「e-TaxのID発行しに来ました」と伝えましょう。

係の人にパソコン前まで案内されて、一緒に色々やってくれます。
 
これ、利用者識別番号とパスワードがすでに分かるよ、
って人はもしかすると税務署行く必要すらないかもしれないです。ちょっと分からない。

わたしは分かってたけど、
そのIDを使えるようにするには税務署に行かないといけない、的なことを聞いたので、
一応行きました。
 

国税庁のサイト、確定申告のページにいく

確定申告のページから、普通に申告書を作ります。

この作り方が分からない、って人は別のサイトか本で調べてください。
(経費の計算とかも、当然ながら先に済ませておこうね)
 
わたしが言えることは、先に収支内訳書を作ってから、申告書BだのAだのの方を作った方がいいよ、ってことかな……。

進められるままやると先に申告書の作成になるんだけど、
売上金額の合計が、収支内訳書を作ってないと入力出来ないから先に進めなくなるんだよね……。
不思議な作りのサイトである。  
 
あと、取引先が複数ある人は、会社の名前と住所をテキストファイルに書き出しておくといいです。

最低でも2回入力するので、コピペの方が楽だし、
間違えてやり直す時も一からやらずに済むよ。
 
やよいとかの確定申告ソフトを使った方が分かりやすいよ、って話も聞くんですが、
白色申告ならいらないと思います。わたしは出来てる。
 
一回青色に変えたんだけどね、あっこれ自力じゃ無理、ってなってすぐ白に戻しちゃいました……。  
 
で、申告書作ってると最初の方ですでに「e-TaxをIDで利用する」みたいな選択肢が出てきてると思うので、
当然こちらを選んでおきましょう。
 
 

送信する

だけ。
 
いやね、本当楽だった。

これカード使って申告だと、
カードリーダーの不具合でうまくいかなかったりとか、OSとの相性で出来なかったりとか、なんか色々煩雑な問題が出てきたりするんですよ。
 
もう、そんなのなんにも心配ない。
メールで申告したんか? と思うくらいスムーズ。
 
本当に今のでちゃんと申告出来たのか心配だったんですけど、
数日後、確認画面にちゃんと「還付金額を確認しています」って出ました。  
 

e-Taxのメリット

そういうわけで、カードを使うよりも便利に申告出来たので、
もはやなんでe-Taxでやらないの? ってくらいデメリットがありません。

自力で出来ないからいつも税務署行って、全部お任せしてる……とか、
税理士に任せてる、とか言う人じゃなければ、
ぜひともe-Taxで申告してみてください。  
 
 
わたしが感じたメリットは以下。
 
 
・家で出来る(一回税務署に行く必要はあるけど、短時間で済む)
・処理状況をサイトから確認出来る(心配性の人には持ってこい)
・還付金が振り込まれるのが爆速
 
もうこれに尽きる。
 
 
わたし、申告したの2月5日なんです。
19日の0時回った瞬間に入りました。
 
 二週間!はやい〜〜〜あまりにもはやい〜〜〜!

手続き開始日は18日だったので、翌日0時ですね。実質当日みたいなもん。すごい。  
 
ここで、ん?と思った方。
確定申告って16日からじゃないと出来ないんじゃないの? って思われたかな。
還付申告の場合は1月から出来るんですよ。
正月は役所がお休みなので、実際は4日とかそれくらいから。
早めにやれば混んでないので、さらに早くなるという寸法です。
 
空いている時にやれば、税務署の人も楽だしこちらも嬉しいし、まさにWin-Win。
いやまあ、すでに確定申告の時期始まってる今それを言われても……という話なのだけど……。
 

でもまだ混み始める時期ではないと思うので、出来そうなら早めにやってみてください。

まとめ・今まで尻込みしてた人もIDとパスなら簡単

なので、今年からe-Taxで申告、やってみよう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA