箱庭遊び

オタク女がオタクに向けたあれこれを発信するところ

箱庭遊び

Day oneで仕事日記とライフログ

仕事の修羅場が明けたので記事の更新を再開しています。
といってもまたすぐ次の案件が始まるので、いやしかし次は修羅場らないといいなという希望を抱きつつ……。

お休みしている間、意外にもアクセス数はそんなに減りませんでした。
刀ムビの記事とか、お役だち系を読みにきてくださる方がいて、
なるほど〜ブログを育てるってこういうことか〜と思いましたよ。

まだまだ育ってないので、引き続きやっていこうと思います。


最近ライフログと仕事日記をつけるアプリを変えたので、そのご報告と紹介をしたいと思います。





前までのログの取り方


以前までは、
仕事も趣味も執筆関係は全てUlyssesでやってたんですが、
実はその前は、日記関係は別のアプリを使っていました。

Ulyssesに一元化しようかなと思って、一昨年の終わり頃から使い始めて、
ライフログは、textwell+Ulyssesという連携で書いていました。



Ulysses

Ulysses

  • Ulysses GmbH & Co. KG
  • 仕事効率化
  • 無料
Textwell

Textwell

  • Sociomedia
  • 仕事効率化
  • ¥360


textwellというのは、一見シンプルなメモアプリながらも、アクションという動作を設定することで使い方が無限に広がるアプリ。
詳しくは別記事にしますが、これを使うと、
『Ulyssesの特定シートに日付と共に追記する』
というアクションが使えるんですね。

それでこれまでライフログを取っていました。



本来のライフログではないけど捗る使い方

いや、ライフログって本当は何時に何をして〜って事細かに行動を記録するものだと思うんだけど、
わたしの場合行動記録は続かなかったので、思ったこととか感情の記録、と言うより吐きだし場所です。


たぶんDaiGoくんの本か、なんかそれらしき記事で読んだと思うのだけど、
人間の脳のワークスペースって限りがあって、マルチタスクって本当はものすごく効率が悪いらしいんですね。

で、わたしは特に自分のワークスペースが非常に狭いことを自覚しているので、
たとえば

「今日のお昼ごはんパスタにしよう」
「この仕事終わったらあれの新刊読みたい」
「そろそろテレビのHDD容量いっぱいにならない?消さないと」
ダンボールが溜まっている」

とかそういう些細な気になることを全て脳内に置いておくと、それだけで脳はエラーを吐きはじめるんです。

結果どうなるかというと、
本来やらなければならない、仕事とかの作業の効率が落ちると……。

もちろん、捗らないのは書きながら詰まるとか内容の精査を始めるとか、そういう理由もあるのでそれだけじゃないんですが、
とりあえず少しでも脳内エラーを減らすために、
考え事は全部脳から外へ出す!というのを心がけています。

ただの考え事だけじゃなくて、感情を伴う愚痴や心配事なんかは、より効果てきめんです。




その前に使っていたのはDay one


で、そんな吐きだし場所としてのライフログなんですが、
上にも書いた通り、これまではtextwellのアクションを使ってUlyssesに記録してました。


それも良かったんですけど、
飽き性なもので、そろそろUlyssesでライフログと日記つけるの飽きてきてしまって。

遡ると去年の1月からUlyssesでつけ始めてるので、一年以上はやってたんですねー。
もちろん毎日必ずではないんですけど。

で、その前は何につけていたかと言うと、Day oneというアプリでした。



Day One ジャーナル + ライフログ

Day One ジャーナル + ライフログ

  • Bloom Built Inc
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料



そもそも日記やライフログの類はかなり前からつけていて、
遡ると、最初に付け始めたのは2014年の11月って書いてある。そんなにやってるんだなあ。


『仕事日記をつけよう』という本を読んで、
日記を付けることの重要性を学んだことがきっかけでした。

仕事日記をつけよう

仕事日記をつけよう


仕事日記、だから基本は仕事のことを綴るものなんですけど、
仕事以外に感情や愚痴や気になること、全てを書く、と記されています。

重要なのは、それを後から読み返すこと。

これの何が大切かと言うと、時間を置いてから読み返すことことで

「あの時あれほど辛かったけど、過ぎてしまえばどうってことない」
「あの日に仕事の進捗が悪かったのはこれに気を取られてたせいだな」
「こういうふうにすると調子いいんだな」

とかが、見えてくるから。




Day oneのいいところ

『過去のこの日』機能


それでですね、
読み返すという点において、Day oneはなかなか優秀なんです。
その機能のひとつが、「過去のこの日」

読んで字のごとくで、
過去の同じ日に日記を書いていると、最初の画面にそれが出てきます。


こんな感じ。

そんなの別に自分から開いて読み返せばいいじゃん?
って思うかもしれないけど、このちょっとしたおすすめによって読み返し安さが上がっている。


Ulyssesだって、月別にフォルダわけしてるし、自分から読み返そうと思えば読み返せる。
でも、自分から読み返そうという時って、当然ながら「読み返そう」と思ってないとやらないんですよね。

こういうきっかけがあると、ああそうだった、と読むきっかけになる。

そんなわけで、一年Ulyssesで記録してみてほとんど読み返さなかったので、
Day oneに戻そー、と思った次第です。


Ulysses、仕事の執筆ではお世話になりっぱなしなので、そっちは引き続き使っていきますけどね!
日記やライフログなんかはDay oneの方が良さそう。



画像が大きい


Day oneのいいところは、たとえば画像を入れるとこういう風に表示してくれるところ。


これは画像の大きさテスト用に書いた記事。
ちょっとブログの画面っぽくない?

これ、Ulyssesだと出来ないんですよねー。
画像が小さくなってしまう。

小さくてもいいならUlyssesでいい。
だからブログの下書きにはやはりUlyssesなんだけども、読みやすいのはどっちかと言ったら圧倒的にDay one。




位置情報で、住所と天気・気温まで記録してくれる


また、Day oneは位置情報を使えるようにしておくと、
今いる場所と、そこの天気を表示してくれるという素敵な機能がついています。


こういう感じ。

たとえば位置情報をオンにしておいて、iPhoneを持ってウォーキングとかすると、
定期的に位置を記録してくれてとても捗る。


あとこの天気と気温の記録。
これが馬鹿にならなくてですね、なんでかっていうと、
さっき書いた
「あの日に仕事の進捗が悪かったのはこれに気を取られてたせいだな」
というのが、
天気や気温が関係していることが多いから!


仕事の進捗もそうだし、
なんだか気分が落ち込むな、とか、元気が出ないな、みたいな時も。
そう言う日って往々にして天気悪いんですよ。
何故って、気圧の変化で人の気分って簡単に落ち込むからです。

Twitterで、漢方医の方とかがしょっちゅうそういうこと呟いてますけど、
あれ本当にそうなんですよね〜。


もっとも、そんなことで気分変わりませんって人ももちろんいると思います。
でも、自分が良く言えば繊細、悪く言えばネガティブ、影響されやすい、ちょっとしたことで調子を崩しやすい、
という自覚がある方は、天気と気温にも気を配っておくと、ちょっと良いかもしれない。

それによってじゃあ何が変わるってわけじゃないんですけど、
知ってるのと知らないのじゃ全然違う。
気分が落ち込んでも、「あぁ今日は気圧が下がってるしな」「今日は気温の変化が激しいからな」と分かっていれば、
じゃあ今日は無理せずやろうとか、調子でなくても仕方ないなって割り切ることが出来る。


ちなみに、この天気気温の機能は、
過去に書いた記事で遡って位置情報を取得しても、その日の天気気温がちゃんと反映されます。
この一年、Ulyssesで書いてたものを全部移す作業をしたんですけど、その時にちゃんと反映されてすげーってなった。



フォルダ分け、タグ分けで見やすい&検索しやすい

フォルダっていう概念ではないんですが、
ジャーナルという名前でフォルダと似たような機能を使うことが出来ます。

私は『仕事日記』『メモ』『読み返しメモ』(MMDの作業記録とか、ゲームの進捗とか、後から読み返すための覚え書き)
みたいな感じで分けています。

あと、タグ機能
記事に個別でタグをつけられるんですが、私がよく使うのは『夢日記』というタグ。

文字通り、何か夢を見た時に起きたあと記録してるんですけど、
夢日記だけで記事を分けるのがめんどくさいので、その他今日やるノルマのこととか、気になることとか、そういうのと一緒に書いています。

この時にタグをつけておくと、
後から読み返す時に、「この日は夢見てるんだな」と分かって、とても見やすい。


もちろんタグでソートも出来るので、
何か後から分かりやすく目印つけておきたい時は、タグを使うといいと思います。





まとめ・みんなもDay oneで日記とライフログつけてみよう

昔は日記なんて書こうと思っても、三日以上続いた試しがありませんでした。
その日の夜に一日に出来事を思い出して書く、っていう方法が向いてなかったんですよ。

だって、もうそろそろ一日が終わるなって時、大抵眠いんです。
眠い時に無理して書こうなんて思えないですよそりゃ。

で、世の中には朝に日記つけようというのを提唱してる本もあるんですけど、
朝は朝で毎回出来るとは限らない。忙しい朝もあるし、忙しくなくても、やっぱり眠かったりするし。

そんな私の場合は、
『仕事日記をつけよう』の本で紹介されているように、
仕事の前に書く。
もしくは、好きな時、好きなタイミングで、一日ひとつと決めずに好きなだけ書く、
という方法が、ものすごく性に合っていた。


Day oneは、ios端末とMacで使えます。
基本無料で、全機能を使うには課金が必要ですが、とりあえず無料で試してみてね。


Day One ジャーナル + ライフログ

Day One ジャーナル + ライフログ

  • Bloom Built Inc
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料


Day One

Day One

  • Bloom Built Inc
  • ライフスタイル
  • 無料