箱庭遊び

オタク女がオタクに向けたあれこれを発信するところ

箱庭遊び

新しいiPad miniの購入を検討しています

出たね!!!


www.apple.com

前から出るらしいという噂はあったけど、
ここ数日のAppleは毎日何かを発表してて話題に事欠かないですね。

そんなiPad mini、個人的にはproみたくギリギリまで画面の方がよかったけど……

でも、今このデザインで出るということは、
おそらくproと同等デザインの小さいiPadが出るのは、少なくとも来年以降ってことなのでしょう。
ということで、新しいiPad miniを購入しようかなと考えています。




  

わたしがiPadに求めるもの


iPadに求めるものは、ずばり 大きいiPhone です。

iPhoneも大きいの使ってるんですけどね。XS Max。
でも、miniの7.9インチって実にちょうどいい大きさなんですよ。

ずっと買おうか迷ってたiPad pro、これは小さい方で11インチあって、
わたしの使用用途だとちょっと大きすぎる。

MacBookを持っているので、iPadに求めていることは、
12インチMacBookよりも軽く、持ち運びやすく、
それでいてiPhoneよりは大きい画面、なんです。


miniは全部満たしてるんですよね。

それでもどうしてminiを買わなかったか、
単純に、前回のモデルが出てから時間が経ちすぎているので、
今さらこれを買う気にはなれないな、という気持ちでした。


あと、Apple Pencil。
Apple Pencil使えないと。

お絵かきもちょこちょこやりたいし、
資料見ながら書き込むという作業に、Apple Pencilは非常に向いている。

そういうわけで今までminiは選択肢から外れていたんですけど、
今回新しいminiが出て、Apple Pencilにも対応していて、容量も256GBまで増えて、
これは今が買い時かな、と思った次第です。


MacBookがあるのにiPad

そうなんです。Macあるならいらなくない?って大抵の人は思う。

ガジェットオタクにはそんなの関係ないんですけどね!

欲しいと思ったら、用途が被ってようが何しようが買う、それがガジェットオタク……


という開き直った言説はさておいて、理由を挙げるとするならば、

一番大きいのは、上にも書いた『MacBookより軽い、小さい』こと。

次に、『UlyssesのUIが、MacBookiPhoneでは少し違い、iPhoneのUIが結構好き』であること。

MacBookより軽い、小さい

MacBookより軽くて小さいということは、
「いらないと思うけど、念のために持っていくか」って時に、MacBookほどかさばらなくて済む。

MacBookだとどうしてもそれなりに大きいので、
それなりに大きい鞄を持っていないと持ち歩けない。
めちゃくちゃ薄いし軽いんですけどね。

でもminiの大きさなら、ケース含めても鞄のサイズが小さくて済む。


ios端末のUlyssesのUIが好き

また、UlyssesのUI。
わたしのブログにもう何回も登場してるUlyssesですが、
このUI、Maciosでちょっと違うんです。

たとえばこの文字数表示。


これです。

これはios端末にしかないんですよ。
Macだとこういう風に表示してくれないの。
なんでないのか本当に未だ疑問で、前に公式に要望送ったこともあるんですけど。
(そうだね出来るように頑張るよ!的な返信は来ました)

Ulyssesには文字数設定機能があって、
設定しておくと右上に円グラフが表示されるので、
これを見ておけば今大体何文字くらいか目安になるので、いいんですけどね。

あと、統計情報を表示すれば当然文字数も出る。
でもリアルタイムに文字数が見られるかどうかって、結構重要なんですよねー。



でも不満な点

ただ、不満なところもやっぱりあります。

やっぱりスマートキーボードに対応していない

対応してくれるかなって思ったけど、やっぱりだめだったか……。
まぁ純正のキーボードじゃなくて、各社から出てるキーボード付きケースを使えばいい話なんですけどね。
スマートキーボードはお値段も張るし。
ただ、一度その打ち心地の良さを体感してみたかった。


やっぱり外部キーボード時は純正の日本語変換しか使えない

これはiPadが悪いのではなくて、ios機器全般そうなのでどうしようもないんですが。

proくらいの大きさなら、ソフトウェアキーボードを使ってみようかという気にならないでもないんですけど、
miniの大きさだと、文字を打つ時は外部キーボード必須ですよね。
そうなると、simejiやATOKは使えず、純正の変換に頼ることになる。


純正の変換、昔よりは賢くなったみたいなんですが、やっぱりATOKには負けるんですよ。
比べてみると分かるんですが、ATOKのすごいのは、中途半端な入力でも変換出来るし、間違ってても直して変換してくれるところ。
純正で文字を入力してみると、自分がどれだけいいかげんな入力をしていたかが如実にわかる。

いや、ちゃんと入力すればいいじゃんって話なんですけどね。
この賢さは一度お世話になるともう離れられない。変換ミスがないのってものすごく快適。
純正に変えると途端に誤字が増えるのって、結構ストレスになるんです。


トラックパッドがない

当たり前なんですけども。
しかしこのトラックパッドって、
キーボードで文字入力しながら使う時にものすごーく優秀。ということに最近気が付いた。

iPadで書くとなると、
一度キーボードから手を離して画面に触れることになるわけです。

それとトラックパッドでの操作とどっちが速いのか、
それこそコンマ単位での話になるかもしれないんですが、
その微妙な差で、使いやすさの体感が変わったりもするんですよね。



まとめ・でも欲しい


デメリットもやっぱり多いんですが、
以前iPadを買うか悩んだ時に挙げていた、

『サイズが大きい』というデメリットが取り除かれたことは、大きいです。

miniの大きさがちょうどいい。

あとは、miniでペーパーライクフィルムがあるかどうかとか、
それを貼った時の見え方は許容範囲内なのか、とか、
よさそうなキーボードつきケースはあるのか、とか、
そういうところも含めて最終的に決めたいと思います。

もうだいぶ買う方向で傾いてるけど。

というか、
mini、ソフトバンクで月額620円て言うからさ。
実質負担額2万ちょいって激安ですよ。
それでApple Pencil使えるなら(Apple Pencilはもちろん別料金だけど)買っちゃうよねー。


購入決めたら、また書きます。


ちなみに、以前買うか買わないか悩んだ記事はこちら。


www.melsimoon.work