箱庭遊び

オタク女がオタクに向けたあれこれを発信するところ

箱庭遊び

字書きに全力でおすすめしたい執筆環境

お題「執筆環境を教えてよ」

「お姉さん、執筆環境教えて?」
って街中で突然聞かれたらきゅんとして話し込んじゃうと思う。


いやそもそも何故物書きだと分かったのだ?って勘繰るところから始まるけど、
それはさておき人様の執筆環境を聞くのが大大大好きなんです。
なのでこんなお題を自ら作って、言い出しっぺなので書いています。

書いていたら執筆環境を書くっていうかおすすめする内容になったのでタイトル変えました。

   

まず大前提としてMaciOS中心です。
WindowsAndroidはごめんな!


Ulysses

Ulyssesは!!いいぞ!!!


Ulysses

Ulysses

  • Ulysses GmbH & Co. KG
  • 仕事効率化
  • 無料

Ulysses

Ulysses

  • Ulysses GmbH & Co. KG
  • 仕事効率化
  • 無料



Macアプリでもあり、iPhoneでもiPadでも使えます。
これがどれだけ快適かというと、
さっきまでデスクのMacで書いていて、疲れたから寝転びながらiPhoneで続き書こ〜
なんてことがナチュラルにできちゃう。

アプリ開いたらすぐに同期されるので、待たされることもほとんどありません。


そして、ワンライブラリ制といって、
全てのテキストをこのアプリ内に集約しておけます。

こんな感じで

フォルダわけをして、その中にシートという概念でテキストを保存していきます。


ブログ記事の下書き一覧の画面。

全部のテキストがここにあるので、
あれはどこに保存したっけ?なんて探し回ることもありません。



その上何が最高って、



これだ!

目標文字数を設定すると、この円グラフで残りがどのくらいか表示してくれる。
おまけに締切日まで設定できて、
一日に何文字書けばいいか自動で計算して出してくれる。

これが本当に最高オブ最高なんですよ!!


目標文字数をクリアするとこのように表示されます。
この円グラフを青から緑にするとき、ものすごーく達成感があるんですよ。


わたしは仕事の執筆もブログも全てこれです。

縦書きは出来ないんですけど、
縦書きが必要なものでも最初から縦で書くことあまりないので、わたしの場合そんなに必要ありません。

あと、個人的にテキストエディタに求める条件が、
文字色とかフォントとか好きにカスタマイズ出来ること、なんですけど、
Ulyssesは全て満たしています。

マークダウンっていう方式で書くんですけど、
見出しとか強調とかをこうやって色別で表示できます。
これは最近気に入ってる色合い。

フォントはフリーの『源ノ明朝』
Macはもちろん、iPhoneのアプリにだってフォントをインストールできます。

この好きなフォントを選べるアプリ、って、
iOSだと実はなかなかないのですっごく貴重です。


唯一のネックは月額500円というところなんですが、
それだけ出しても有り余るほど最高の執筆エディタなので、わたしはもう手放せません。

ちなみに、以前はサブスクリプションでなく買い切りのアプリで、
わたしはその頃に購入したユーザーなので、割引があって年間3300円で使えています。
でも、たぶん値段が上がったとしても使い続けると思う……。

Ulyssesがなくなったらマジで困るので、運営さまには是非とも末永くご健勝でいてほしい。



Dynalist


Dynalist

Dynalist

  • Dynalist Inc.
  • 仕事効率化
  • 無料




テキストエディタではなく、アウトライナーアプリです。
これを使ってプロットを立てています。

あんまり見せられるプロットがないな……。

前にプロット作るだけ作って満足して本文に入っていないものが多いって話をしたんですけど、


www.melsimoon.work



これもそのうちの一つ。冒頭部分まるっとスクショ載せます。

わたしの場合、
最近は起承転結ではなく 別の区切りでプロットを立てていて、
それがこの「関係性の明示」とか「事件」とかいうやつですね。



こんな具合に、大枠のテンプレの中で箇条書きでプロットを作っていく作業に、
アウトライナーってものはすごく向いているんです。

やろうと思えば、さらに細かくシーンを分けて、もうここで本文を書いてしまうこともできます。
けどわたしはやりません。
あとから成形するのが大変だし、Ulyssesを使いたいので、
ここで作ったプロットをテキスト出力して、Ulyssesのメモ欄に貼り付け、それを見ながら本文を書きます。

プロットを作るのはアウトライナーがいいよ、
っていうのはググるといっぱい出てくるので、興味があったら調べてみてください。



縦式

みんな大好き縦式だよ!


縦式 - 縦書き入力

縦式 - 縦書き入力

  • Kazuyuki Mitsui
  • 仕事効率化
  • 無料



その名の通り縦書きで書けるアプリ。iOS限定です。

これのすごいところは、縦書きできる所もそうだし好きなフォントインストールできるところもそうだし、
そんなアプリが無料ってこともすごいんだけど、
書いたものを画像で出力するのがめっっっちゃくちゃ簡単だという点。


note.mu

こちらの方が作ってくださったショートカットを使うと、

縦式で書く→pdfをpngに変換してツイート

が超〜〜〜楽にできるのでみんなやって欲しい。


縦式は行間やフォントはもちろんのこと、
段組みと余白まで設定できるので、つまりどういうことかというと、
これで印刷所に入稿用の原稿ができてしまうのですよ。


いつか縦式で同人誌入稿してみてその記事を書きたい。


他にも、
bear

Scrivener

Scrivener

Scrivener

  • Literature & Latte
  • 仕事効率化
  • ¥2,400

stone

stone

stone

  • Nippon Design Center, Inc.
  • 仕事効率化
  • ¥3,000

omm writer

OmmWriter

OmmWriter

  • Herraiz Soto & Co.
  • 仕事効率化
  • ¥840

Nola
nola-novel.com


はてはポメラDM200などなど。


気分や用途で使い分けたりしてるんですが、
基本のツールはこのへんです。



iPhoneまたはiPadMacを使っている人はぜひ使ってみて欲しいんだな!