映画刀剣乱舞を観て、審神者たちに泣かされた話

余韻に浸ってたせいでずっと書けてなかったけど、そろそろ書かねばなるまい。

映画 刀剣乱舞、観てきました。
ネタバレ全開だから、観る予定のある人は絶対に観賞後に読んでね!

観る予定がない人も、ちょっとでも興味あったら観に行って欲しいな。
特撮に抵抗がなくて時代劇が好きな人なら、見に行って損は無いです。

となると、読んで欲しいのは観賞後の人か、まったく観る予定のない人、
ってことになっちゃうんだけど、
ほんとにネタバレ踏まないまま見に行って欲しいからしょうがないんだ……。

なにしろわたしはネタバレ踏まなかったおかげで、最後盛大に泣く羽目になってしまった。
本筋関係ない所で。

※以下、盛大にネタバレあります!

観に行ったのは1/31のこと

なんで初日に行かずにこの日になったかっていうと、
普通に仕事の都合と、友人と合う日にちがこの日だったってだけなんですけど。

1人で行こうと思えば行けました。
なんでそうしなかったかと言うと、去年我慢できずに初日にゼロシコを見に行って、
1人でネタバレ抱えるはめになって結構しんどかったから。

このへんにちょっと書いてある。
ゼロシコって、名探偵コナン ゼロの執行人のことです。

なので、観たら滾りをぶちまけたくなるなーって予想がつく映画は、
できる限り同じ趣味の友人と行く方がいいなって……。

で、今回は初日に行かなかったことで、予想外の感動を受けることになった。

最後のあのシーン

見出しだからぼかしたけど、はっきり書きましょう。

『前情報に一切なかった、他の刀剣男士たちがずらっと座ってたシーン』です。

いやその前に、倶利伽羅江で!???ってなってたり、
審神者の代替わりでハハーンってなってたりしたんだけど、
何が衝撃ってこのシーンだったよね。

だって! ぜんぜん!! 知らなかったんだよ!!!

大事なことだから2回書くけど、観に行ったのは1/31です。
公開してから2週間近く経っていた。

にも関わらず、
Twitterのタイムラインには一切このことに関するネタバレがなかった。

基本オタクのみんな訓練されてるからね、
感想をつぶやく時はふせったーでネタバレに配慮して書く人が多い。

※ふせったー知らない方に説明すると、
ネタバレに配慮して呟きたい人のための便利サービスです。
伏せたいところだけ〇〇で表示されて、読みたい人はクリックすれば全文読める、というシステム。

それでもね、まぁ、あるんだよ。
伏せてるけど伏せてない部分でなんとなく文脈が察せられちゃうことが。

そのツイートを見た時は、もちろん意味なんて分からない。
でも映画を見ていくと、「あっ、なるほどこのことか〜」
って、察する人は察する。

だから絶対になんの情報も知らずに行きたいなら、Twitter見ないのが一番なんだけど。
わたしは普段そこまでネタバレ気にしないので、今回もタイムライン見ないまではやらなかった。

けど、みんなが口を揃えて
「ネタバレは絶対に見ないで行け!」
「靖子を信じろ!」※脚本家の小林靖子さん
「いいからネタバレ踏むな!」

って言うからさあ。
そこまで言うなら、じゃあなるべく知らないで行くかーって、予告も見ずに行きましたよ。

そしたらさ、
最後の最後であれだもん。

ここで書いておきますが、
わたし刀ステのメンツで最推しは歌仙兼定なんです。

弊本丸の初期刀だし、
わだっくまさんの歌仙さんがほんと〜〜に理想の歌仙さんだったから、すごい好きで。

あと宗三も好き。
喜英くんの宗三、もうほんとに顔がいいし色っぽいし最高だった。

納谷くんの小夜ちゃんも大好き。アクロバティックなお小夜は納谷くんならでは。

もうさ、
みんないるなんて思わないじゃん?

だってみんなほんとに何も言ってなかったんだよ。
さっき書いた、匂わせるツイートすらなかったの。

ただひたすら、ネタバレ見ないで!靖子を信じて!ってそれだけ……

もう、もうさ〜〜〜〜〜!
そんなん泣くにきまってるじゃん!!!!

出てきたことそのものも嬉しかった。
だって推しだもん。
出てきたらそりゃ嬉しいよ。嬉しいサプライズだよ。

でもそれ以上にね、
タイムラインの審神者のみんなが、それを一切匂わせることもせず、ネタバレしなかった。
そのことになんだか異様に感動してしまって。

「あ、みんながいいからネタバレ見ずに行け、って言ってたの、このことだったんだ」
「みんながサプライズをサプライズのままにしてくれたの、これだったんだ」

って気づいたら、それが嬉しくて嬉しくて、
推しを銀幕で見れたことも嬉しくて、
盛大に泣いてしまった。

隣にいた見ず知らずの人、エンドロール中ずっと泣いててすいませんでした。
一緒に行ってくれた友人、温度感違くてほんとごめん。

※映画館で周りに配慮しないうるさい客はご逝去あそばせられたらよろしくてよと思っている人間なので、できる限り音を立てないように泣いたつもりです。
でも鼻水をすする音は出てしまったと思う。ごめんなさい。

初日に行ってたら、この二重の感動は味わえなかったと思うんだ。

運が良かっただけかもしれない。
数日後にはネタバレするツイートもチラホラ出てきてたので。

でも未だに最後のあのシーンに言及してるものは見ないので、ほんとにすごい。すごいよ。

正直、衝撃を受けすぎてそのあとのシーン記憶が曖昧だよね。
幼女審神者めっちゃ可愛かったのに、もうそれどころじゃなかった。
「え!? 今の本人? 本人だよね!? ステの俳優さんたちだよね!?」
ってなって、エンドロールで名前確認するまで心の中で静かに動転してた。
名前確認して、「本人だったあ〜〜〜〜」ってなって、もう色々と駄目だった。

終わったあとにしばらく立ち上がれなかった映画は、シン・ゴジラ以来2作目です。
(あっちは内閣総辞職ビームの恐怖がすごくて、その絶望の余韻で立てなかった)

ありがとう。映画刀剣乱舞。
ありがとう。ネタバレしないでくれた審神者たち。

鈴木拡樹さんの目の演技に磨きがかかってた

それだけで終わるのあまりにも感想としてどうなのって感じなので、中身にも触れておく。

やっぱり光ったのはひろちかの演技でした。

私は刀ステは虚伝初演、再演、義伝、悲伝、は観ていて、
外伝とジョ伝だけ未視聴です。
(そのうち観ます)

舞台の時から、アップで抜かれた時の表情芝居すげえな、って思ってたけど、
映画で見るとそれがいっそう際立ってましたね〜!

三日月宗近って、虹彩に三日月が浮かんでいるっていう特徴的な瞳をしている。
からこそ、ほかのキャラよりも「目で語る」ことが出来るというか、
美しいその瞳が逆に恐怖を感じさせたりもする。

鈴木拡樹さんの三日月は、刀ステの物語の重厚さも相まって、
一筋縄ではいかない狡猾なたぬきジジイを地で行く演技をしてらっしゃるのだけど、
映画でアップで映ることによって、それがより感じられた。

安土城で信長に刀を向けられた時、
一切怯む様子なく、立ち上がりながら刀を見下ろした時のあの目と言ったら……。

「そんな刀でこの天下五剣が切れるとでも?」

って言わんばかりの、あの目。
痺れたよね〜〜〜〜。

あの時信長が持ってた刀は実休光忠じゃないかって考察してる方がいて、
刀に関してはぜんぜん詳しくないのでそういう考察は他の人に任せますが、

あの目には、普段三日月がまったく見せない「天下五剣としての誇りと驕り」
が確実に含まれてたよなって、思いました。

三日月さん、アニメでもステでも、自分が天下五剣一美しいってことをそんなに鼻にかけてないんですけど、(だよね?)
ゲーム本編のセリフだと、若干驕りが感じられなくもないんですよね。

刀帳の説明台詞に、

俺の名は三日月宗近。まあ、天下五剣の一つにして、一番美しいともいうな。

って入ってるんですけど、
これたぶん一億回誰かも言ってると思うんだけど、

「俺の名は」「三日月宗近」「天下五剣の一つにして一番美しいとも言う」

つまり、

「俺の名は」「一番美しいとも言う」

ってことなんだよね。

もう自分の存在を示す言葉そのものが「美しい」とも言うんだよ、って意味に取れる。

驕りというか、彼にとって美しいと愛でられてちやほやされることは生まれてこの方当たり前のことだったと思うので、
刀の価値が切れ味の他に美術品的な美しさにもあるのならば、自分は価値のある存在だ、ってことを当たり前に認識してるんだよね。

その余裕が、鷹揚な態度にも繋がっているのだとわたしは解釈している。

だからこその、あの「そんな刀では俺の相手になるまいよ」っていう余裕の見下し。

あの目は、信長に向けられたものではなく、
信長の刀に向けられたものだと思ったな。

そして、本丸が遡行軍に襲撃されて、
審神者の最期の時に間に合った三日月宗近。

そんな三日月を待っていたかのように、
審神者はいっそう光り輝いて最期のときを迎える。

あれは、審神者の役割から解き放たれて現世に戻ったってことなのか、
それとも人生そのものを終えたのかどっちなのか分からないけど、たぶん後者じゃないかなと思う。

どちらにせよ、男士たちとはあれが今生の別れであるわけで。

そんな審神者との別れの時、
大太刀を防ぎながら、肩越しに少し振り返って目を伏せた三日月のあの顔よ。

審神者への畏敬の念と、死を悼む哀しみと、
そして、いつだって置いていかれる側であることの寂しさ、
それでもどうしたって儚いものを愛おしく想わずにいられない気持ち。

目を伏せた挙動だけでそれを表現したの、さすがの鈴木拡樹だった。

映画の三日月は、ステよりももっと人間味を感じられたように思う。
それは今回三日月が主体で描かれていたということも大きいけど、
なにより、鈴木拡樹さんの表情豊かな芝居のおかげだと感じました。

基本的に他のメンバーはステと同じ演技プラン

唯一差が出てたように感じたのはまんばちゃんかな。
ステは近侍であって主人公だったので、もっと主人公然とした山姥切国広だったけど、
今回はメインが三日月宗近だったので、脇に退いて抑え気味だった。
しかしステ全公演出てるだけあってめちゃくちゃ安定してた。
そして顔が良い。

長谷部くんは相変わらず委員長っぽいというか、
ステ長谷部は花丸やゲームと違って、ちょっとだけ設定精神年齢が若めに感じる。高校生くらい?
そこがすごく可愛くて良い。
あと顔が良い。

北村くん演じる薬研は相変わらず顔が良いし、やはり顔が良い。
あと太ももの細さ(言葉の矛盾)がステで見た時以上に薬研藤四郎だった。痩せた?
かっこよく柄まで通す薬研藤四郎と言ったらステだけど、個人的にはもう少しオッサンっぽさが出てる薬研が好きです。
しかし最高に顔が良い。まんばちゃんと並ぶとなんだこれ天女か?

オッサンといえば日本号。
いや〜〜〜ジョ伝見てないから初だったんですよ!
ジョ伝とは別の方だったんだよね?
でもすっっっっっごくよかった!めっちゃ日本号だった。
あと芝居が上手い!八嶋さんの秀吉との掛け合いなんてあれコメディのテンポができる人じゃないとああはならないよね。
「へし切〜」って呼ぶとこ、最高にすこ。

椎名鯛造くんの不動くんはもっと見たかったなー。せっかく織田の話だったから。
もっとも、彼の物語は虚伝でめいっぱい描かれてるので、また不動くんが揺らぐとステのストーリーをなぞることになっちゃうからこれが限度だったのかもしれない。

ばみちゃんとうぐぴに関しては、刀ステからキャストが変わっているのだけど、
わたし悲伝を一回しか見てなくてですね、見比べた感想が言えないので保留で。
そのうちもう一回見るつもりなので見たらまた書きますね。

みんな知ってる信長と秀吉を通して、すんなり刀剣乱舞を知ることが出来る

ストーリーの考察は色んな人が色々やってくださってるのでわたしからは特に……。

まあ、たしかに映画刀剣乱舞っていうより映画三日月宗近だった感はあるけども、
しかし、刀剣乱舞を知らない人が観て、キャラを知りながら楽しめるエンタメに仕上がってるな、というのはすごく思いました。

終盤、
一振りで残った三日月がピンチに陥って、さあどうなる、となった時にみんながそっくり戻ってきた時は、

「えっ、そんな普通に!? なんかもっとどんでん返しするところじゃないの!?」

ってなったんですけど、

しかしその後に登場した倶利伽羅江くんでそんなものすっ飛んだ。
そっちだったか〜。

無銘は時間遡行した未来の不動くんだとまんまと思い込まされてたので、
はらら〜ここで新キャラ!?ていうか誰!?
状態でした。

あれデザインが豊前江くん・篭手切江くんと同じだったから、今後ゲームに実装されるのだろうか。
されたら初の逆輸入キャラになるねぇ。

そのほか、細々とした感想

審神者について。

代替わりであんなにも大掛かりなイベントになるってことは、
二次創作でよく見る、引き継ぎとか見習い乗っ取りとか、そんなのほぼ起きないレベルで審神者が盤石の地位にいるんだなあと。

あと、もしかしたらあの世界線の審神者は一人きり、本丸もただ一つなのかもしれないね。

ていうか今までメディアミックスで他の本丸の存在を匂わせたことってなかったよね?なかったと思う。
そろそろ、いくつも本丸が存在してて、本丸同士で争ったりとか、別の本丸の同じ刀剣男士が登場してややこしくなる話とか見たいなあ。

本丸の遡行軍襲撃。

これも地味に初だよね?
pixivでは億万回見たやつだけど、やっぱり映像で見ると大興奮の展開。
結界に刀が刺さるとこなんて、あ〜〜〜〜そうそうこうなるよねきっとね!って。ハァンエモい。

しかしあの大軍相手に、いくらみんな遠征に行ってたからって二人で迎え撃つの本当に無謀すぎる。

あと代替わりなんて大事な時になんで長時間遠征出しちゃったの。
鳩!鳩!って観てた審神者みんな思ってたよね。
むしろ死ぬとこ見られたくなかったのか?

こんのすけ。

あれ絶対ニチアサだったら光った後に動くと思った。
あと喋る。声優さんの声で。
ちょうど四匹いたから、関俊さんと遊佐さんとてらそまさんと鈴村さんでいいんじゃないかな……。
※靖子にゃんは電王の脚本家です

どうでもいいけど、野上良太郎審神者だったら、本丸は電ライナーだよね。
本丸ごと時間遡行出来てすごく効率いいと思う。
そうなると電王鶴丸フォームとかになるんだね。ウィングフォームと被るな〜。

「俺は最初からクライマックスだぜ! 驚いたか?」

ありがとうけんらんぶ

長々と書きましたが、
既存ファンが満足しつつ、新規へも優しい最高の作りになっていたと思います!

『審神者はここからがしぶといぞ』タグを見ると分かるように、
みんなが頑張ったおかげで上映期間延長されたところが多いようだから、
行ける人はもう一回行ってみよう。わたしも行っておきたい。

観てないけどここまで読んでくれた人は……今からでも観て欲しいな。ネタバレしてしまったけど。

ところで、この記事を書くにあたり小説版を買っておこうかなと思ったらばね、

なんかすごく……評価が低いけど大丈夫?
そんなにアレだったの?
じゃあシナリオブックの方がいいのかな。
なんか子供向けに書かれてしまったのかな?
読んだ人、いたら感想教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA